phoenix by Jikkoku Osamu (フェニックス / じっこくおさむ)

old age piles up
endlessly, like dust
in your eyes, your fingers
your hip bone
in your voice and gestures
you brush and brush but it keeps gathering

atop the pile of ashes
suddenly a bright flame
burns higher and higher
something like a golden bird
gradually beats its wings
tears through dark eternity
and cries out in a single voice
ai ai ai ai ai . . .

endlessly falling spring snow
buries your bones
a young boy rises
and moves toward you
greeting you like an old friend

おい は つもる
はてしない チリ の ように
め の なか,て の ゆび
こし の ほね
こえ と しぐさ の うちに
はらっても はらっても ふりつもる

うずたかい はい の うえに
いつのまにか あかるい ほのお が
たかく たかく もえ あがって
きんいろの とり の ようなもの が
しだいに おおきく はばたく
くらい えいえん を ひきさいて
ひとつの こえ が よぶ
アイ アイ アイ アイ アイ ……

ふりしきる はる の ゆき が
おまえの ほね を うずめつくす と
ひとりの しょうねん が おきあがって
おまえ の ほうへ やって くる
したしげに あいづ を しながら

One thought on “phoenix by Jikkoku Osamu (フェニックス / じっこくおさむ)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s