On the Day the World Ends by Ishihara Yoshiro (世界がほろびる日に/石原吉郎)

On the day the world ends
don’t catch a cold
Beware of infection
Air out the futon
on the veranda
Don’t forget to turn off the gas
Start the electric rice cooker
at eight o’clock

世界が滅びる日に
かぜをひくな
ビールスに気をつけろ
ベランダに
ふとんを干しておけ
ガスの元栓を忘れるな
電気釜は
八時に仕掛けておけ

Advertisements

Night is Coming On by Ishihara Yoshiro (夜がやって来る/石原吉郎)

Isn’t it lonely the way evening moves
on legs like an ostrich?
Isn’t it awful
the way night comes meandering in?
Can you stand it,
not checking the time?
Can you stand the way night descends
as though coming down the stairs?
Isn’t it terrifying being left
alone to rest, like
being pulled out with the tide?
Isn’t it depressing
when you become like the promises you believed in
when you believed in promises?

* * *

駝鳥のような足が
あるいて行く夕暮れがさびしくないか
のっそりとあがりこんで来る夜が
いやらしくないか
たしかめもせずにその時刻に
なることに耐えられるか
階段のようにおりて
行くだけの夜に耐えられるか
潮にひきのこされる
ようにひとり休息へ
のこされるのがおそろしくないか
約束を信じながら 信じた
約束のとおりになることが
いたましくないか

UPDATE: Originally, I misread 駝鳥 (ostrich) as 駱駝 (camel). Corrected.